明倫社別邸 久遠の宿

スタッフブログ ~宿泊できる葬儀場~

久遠の宿からのお知らせや、スタッフの日々の活動などを紹介いたします。

遠方からの葬儀参列者もゆっくり泊まれる邸宅葬

遠方から葬儀参列者をお迎えするときの宿泊先についてはどうすればいいのでしょうか?喪主は、突然の不幸で忙しいにもかかわらず参列者の宿泊施設や交通費の負担もすべきなのか悩んでしまうこともあると思います。

あまり地域の交通事情に詳しくない参列者にとって、喪主側が宿泊施設やホテルなどを案内してあげたほうが親切と言えるでしょう。

泊まれる葬儀場「久遠の宿」では、遠方の葬儀参列者がお悔やみに来られる場合、ゲストハウス「もうひとつの宿」が利用できるので参列者のためにわざわざホテルを予約したり、宿泊費を負担する必要がありません

ゲストハウス「もうひとつの宿」

もうひとつの宿は「久遠の宿」から徒歩5分ほど(車両送迎あり)の明倫社本社ビル5階にあります。ベッド、お風呂を完備したオンスイートルームが3部屋。合計9名様が宿泊できるゲストハウスです。もちろん何名泊まっても宿泊費はかかりません。洗面アメニティーセットやタオル等も充実しているので急なお客さまの対応も安心です。

「親戚だけど一緒のお部屋に寝るのはちょっと。。。」

「わざわざ遠くからお悔やみに来ていただく方々に気兼ねなく泊まってもらいたい」

「いびきがうるさいので、ひとり部屋で心置きなく休みたい」

といった方に喜ばれています。

PageTop